京都大学発ベンチャーとの自然言語処理AIの共同研究を開始しました

株式会社WhiteBox(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:川原 翔太)は、2020年8月1日に、京都大学学術情報メディアセンター森信介教授が技術顧問を務める、自然言語処理を中心とするAI研究を行う京都大学発ベンチャーの株式会社Linfer(所在地:京都府京都市左京区、代表取締役:根村 城太郎)と業務提携契約を締結し、共同研究を開始することをお知らせいたします。

 

経緯・背景

株式会社WhiteBoxは、SI業界の多重下請け構造の解消を企図し、事業を展開しております。SI業界の多重下請け構造を引き起こす一つの要因が、プロジェクトにアサインする適切なエンジニアを見つけるための効率性にあり、その効率を重視するが故に、多くの会社との契約を通したエンジニアのアサインが行われています。それにより、実際にエンジニアに渡る報酬が減少したり、契約の複雑化による投資効率の低減につながっております。

WhiteBoxは、現在1万3,000名を超えるエンジニアの登録があるプラットフォームを持ちながら、適切なエンジニアを検索するための検索機能、マッチング機能等が発展途上であることから、本件共同研究を通した機能改善を図り、多重下請け構造の解消に向けて前進すべく、本件共同研究に至りました。

 

本業務提携の内容

本業務提携は、WhiteBoxのプラットフォーム内にある言語データを用いた、総合的な機能改善を主目的としております。

株式会社Linferは、京都大学学術情報メディアセンター森信介教授が技術顧問を務め、自然言語処理分野において高度な知見を有しております。その知見を活かし、WhiteBoxの言語データを元に、機能改善に向けた共同研究を実施してまいります。

 

〈株式会社Linfer 会社概要〉
所在地 : 京都府京都市左京区吉田本町 国際科学イノベーション棟 KUViC 2
代表者 : 代表取締役 根村 城太郎
創業  : 2019年12月2日
資本金 : 100万円(資本準備金含む)
URL   : http://www.ar.media.kyoto-u.ac.jp/linfer.html
事業内容:自然言語処理を中心とするAIの研究

 

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社WhiteBox 広報:小川・木城
Mail:pr@white-box.co.jp