クローズドβ版リリースに関するお知らせ

株式会社WhiteBox(以下「当社」という)は、2020年4月6日にSI事業者向けプラットフォーム「WhiteBox」の実証実験として、クローズドβ版の提供を開始しました。実証実験に伴い、SI事業者様のクローズドβ版モニターも同時に募集いたします。(クローズドβ版モニターとして応募を検討される場合は、下記のお問い合わせ先にご連絡ください)

 

事業内容

【登録企業約300社、所属エンジニア1万名以上のスキルシートが登録されているプラットフォーム】

1.エンジニアのスキルシートをクラウドで一元管理

SI、SESの業界で課題の一つとなっている、自社エンジニアのスキルシート管理。これを、クラウドで一元管理でき、且つ形式統一化も可能とした無料利用可能なプラットフォーム。

クラウドでの管理により、タイムリーな更新や情報共有を可能とした他、PDFでの出力や、システム内から直接メール送信できる機能、またフリーワード検索等も可能と、便利な機能を搭載。

統一形式は、実際に採否を判断する企業の意見を集約して作成されており、魅力的なスキルシートの作成が可能。

2.パートナー企業のエンジニア情報も管理し、提案に有効活用

自社で持つ開発案件にパートナー企業のエンジニアの方をアサインする場合、従来であれば、来月から空き稼働が確定しているエンジニアのみが提案可能。

しかし、本プラットフォーム上に自社のパートナー企業に登録してもらうことで、稼働中も含めたパートナー企業所属の全エンジニアのスキル情報が閲覧可能に。1か月先に限らず、より先の案件に対してのアプローチを可能とし、チーム提案や入れ替え提案が可能となる。

もちろん、パートナー企業側が開示したくない情報は非公開とすることも可能であり、必要な情報のみのやりとりが可能。パートナー企業は、無料で使える自社エンジニアのスキルシート管理ツールとして利用できる他、現状よりもより好条件の案件オファーが来ることで、先々の案件を確定させた上で現場の退場交渉が可能となる。

 

クローズドβ版提供の目的

今回のクローズドβ版では、実証実験として「WhiteBox」の機能性について検証します。

これまで、一部のSI企業の情報を元に機能を構築してまいりました。実証実験では、より多くのSI企業の方々にご利用いただき、課題を抽出することで、サービス版の構築に向けた課題抽出を行ってまいります。

 

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】

株式会社WhiteBox  広報担当 木城(きしろ)
                Mail pr@white-box.co.jp