「コンサル」とは?(初級編)

「コンサル」「コンサルティング」「コンサルタント」という言葉がかなり広く使われるようになった今日。
「かっこいいからとりあえず受けてみよう」なんていう新卒就活生なんかも増えています。
そんな「コンサル」について、「初級編」として、その概要を説明していきます。

「コンサルティング」とは

一般的に「コンサルティング」と言われると、課題発見から課題解決までを行う業務を指し、そのコンサルティング業務を行う人のことを「コンサルタント」と呼びます。
コンサルティングファームと呼ばれるコンサルタントを多く雇う企業で働くコンサルタントの仕事は「クライアントの経営課題を明らかにし、問題解決をすること」で、大企業の海外事業展開の支援や「M&A」といわれる会社の買収支援などの案件から、企業のガバナンスの改善や会社の管理部門の業務効を率良くしたいというものまで、それぞれの企業が抱えている課題の規模はさまざまであり、コンサルティングファームはそのような課題に対する最適解を提供することを生業にしています。

「コンサルティングファーム」とは?

コンサルティングファームとは、コンサルティングの事業や、実施する企業を指した言葉であり、対象となる業界や領域を定めて複数名のコンサルタントが所属しているような大手コンサルティングファームや、そこから独立して設立された中小規模のファームなどが存在しています。また、それぞれの業界に特化したコンサルティングを武器とするコンサルティングファームも存在します。

経験や知識、各企業によっても異なりますが、コンサルティングファームでの仕事は、比較的年収が高い傾向にあり、20代にして1,000万円を超えることも珍しくありません。
中でも、外資系ファームのコンサルタントは年収が特に高い傾向にあります。実力(実績)が評価に比例することが一般的なため、就業年数や学歴より、成果やスキルを合わせた大幅な年収アップも期待できる業界(企業)と言えます。

コンサルティングファームの種類・分類について

前述のように、コンサルティングファームは、大きくいくつかに分類されます。同じコンサルタントでも、求められる要素や必要な知識は異なります。
企業の課題発見や解決といっても経営、事業、人事、財務、ITなど、領域は多岐にわたり、その内の1つの領域に特化しているファームもあれば、複数の領域をカバーする「総合コンサルティングファーム」と呼ばれる企業も存在します。
主には、下記のようなコンサルティングファームが存在します。

■戦略コンサルティングファーム

欧米やアメリカ合衆国などに本社を構える外資系の企業が多く、大企業はもちろんのこと、政府や官公庁にからのコンサルティング依頼を受けることも少なくありません。全社的な事業戦略や、成長・経営戦略を手掛けます。コンサルティング業界の「BIG3」と呼ばれるマッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストンコンサルティンググループ、ベイン・アンド・カンパニーも、この戦略コンサルティングファームに当てはまります。

■IT系コンサルティングファーム

ITを活用した業務改善・改革(DX)やシステムの要件定義、システムの導入から実装に特化したファーム。デジタルトランスフォーメーション(DX)が社会で必要とされている中、IT系コンサルティングファームの需要は、着々と拡がっています。フューチャーアーキテクト、エル・ティー・エスを始め、ソフトウェアの品質保証やテスト事業として展開しているSHIFTも、このITコンサルティングの領域に参入し始めています。

■シンクタンク

日系ファームが殆どであり、大手金融機関グループを親会社に持っており、金融機関からの大きな案件が依頼を受けることが多い領域です。まさに、日本のSI業界の根幹を作り上げた領域にコンサルティングファームと言えるでしょう。リサーチやSI業務を主に行います。
野村総合研究所(NRI)、日本総合研究所、富士通総研など、「総合研究所」名が付く企業が多く存在します。

■人事系コンサルティングファーム

人事戦略や制度設計、組織改革などに特化したコンサルティングファームであり、人事に関わる領域であれば、上場会社のコーポレートガバナンスを手掛けることもあります。マーサージャパンやリンクアンドモチベーションといった、老舗の人事領域を幅広く受け持つコンサルティングファームがある一方で、カケハシスカイソリューションズ、ツナグ・ソリューションズ、採用モンスターといった、採用に特化したコンサルティング事業者も存在します。ただし、この領域においては、「コンサルティング」と謳い、実際には人材紹介事業でしかないこともあるので、内容をよく理解することが重要です。

■財務系・金融系コンサルティングファーム

会計や経理、税務などの財務アドバイザリーや、事業売買(M&A)などに関するアドバイザリーを行うコンサルティングファームです。「粉飾決算」などの言葉で良く話題に挙がる不正会計の調査や分析も手掛けます。PwCアドバイザリーやデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーなど、会計監査法人などを親会社にもつ総合コンサルティングファーム系列の会社が多いのが特徴です。

■総合コンサルティングファーム

名前の通り、各領域を複合的に持つコンサルティングファームのことを指します。あらゆる領域の戦略立案から実行フェーズまでコンサルティング領域が広く、BIG4と呼ばれるPwCコンサルティング、デロイトトーマツコンサルティング、KPMGコンサルティング、EYアドバイザリーなどが、総合コンサルティングファームになります。

まとめ

一概に「コンサル」といっても、様々な領域があります。また、今回は触れていませんが、アナリスト、コンサルタント、マネージャー、パートナーなど、ポジションによって担う業務は大きく異なります。
コンサルティングファームを活用するときや、コンサルタントになろうと思った際には、こういった分類を最低限理解し、本当に選択すべき領域を考えましょう。

【執筆者】
川原翔太
株式会社WhiteBox 代表取締役